Facebookもご参照ください

最新情報

2014年9月8日

島田会長東京講演会を開催します。

 内容は、全国に拡がり始めている「散骨場」の問題など最近の動向とともに、これからの自然葬の形などをお話しします。お誘い合わせの上、ぜひご参加下さい。

 

講演名:島田裕巳講演会「死んだらどうなる?  直葬、自然葬、0葬 」

日 時:2014年10月4日(土)14時から16時

会 場:ちよだプラットフォームスクウェア5F504~506会議室

東京都千代田区神田錦町3‐21

TEL:03-3233-1511

参加費:会員 500円(予約いただくか、受付で会員番号をお知らせ下さい)、非会員700円

 

2014年9月8日
9月発行の『そうそう』第5号は、総会記事の編集のため発行が遅れています。9月中旬から下旬の発送を予定していますので、しばらくお待ち下さい。

ごあいさつ

ごあいさつ

 人をいかにして葬るのか。それは、人類にとって永遠の課題です。そして、時代によって、その方法は大きく変わってきました。とくに最近の日本では、この「人を葬る」という方法をめぐって大きな変化が起きています。
 私たちの会では、亡くなった方のなきがらを自然に還す「自然葬」を提唱してきましたが、少し前までの日本の葬送は、この自然葬が基本でした。土葬すれ ば、遺体はそのまま土に還りました。火葬の場合にも、今とは違い、残った灰を撒いてしまうことで、やはり土に還っていきました。
 それに比較したとき、現代に行われている近代化された火葬では、骨壷に入った遺骨が残り、それを収めるために墓を必要とします。遺骨は、骨壷に入れられ たまま、自然に還っていくことができません。そして、墓は、それを守っていく家族にとって大いなる負担になったりします。
 その点で、現在一般化した人の葬り方は、「不自然葬」であるとも言えます。ひどく不便で、本当の意味で故人を弔うものになっていない面があります。
 私たちの会がめざしているのは、不自然葬から脱し、誰もが自然に還っていくことができる自然葬を広めていくことです。そのためには、会の仲間となってい ただいた方々を自然に還すお手伝いをするとともに、自然葬を妨げているさまざまな要因を取り除いていかなければなりません。そこに、20年を超えて続いて いる私たちの運動の意義があります。
 是非、皆様方には新しい仲間に入っていただき、「葬送の自由」を確立するためにともに歩んでいただきたいと思います。人にとって避けられない死の問題を直視し、自然の大いなる連関のなかに還っていこうではありませんか。


会長 島田裕巳

島田裕巳 主な著作物(書店にてお求めください)

LINK坊さんは、葬式など、あげなかった
(朝日新聞出版 609円)

LINK日本人の"死"はどこにいったのか
(山折哲雄、島田裕巳(朝日新聞出版777円))


LINK戒名は、自分で決める
(幻冬舎 777円)

LINK葬式は、要らない
(幻冬舎 777円)